2009年03月20日

料理教室合コン、開始!

オイラが参加した料理教室合コンでは、男女2人でペアになって、1品を作っていくみたい。
だから、男は、全く料理ができなくても、良さそう。女性の指示されるまま、雑用していればいいんだしね。
※)逆に、こういうところに来る女性は、料理の腕を自慢したいんだろうから、男が余計なことをしても、とも思うしね

というわけで、まずは、料理の説明があって、その後、ペア決めのクジ。
このペア決めのクジだけど、女性3名の中に、1人、オバチャンがいたから、ある意味、ロシアンルーレットだったね〜
ぶっちゃけ、クジのときが、一番、ドキドキしたよ。

※)オバチャンが嫌というより、明らかに、世代が違うからね。相手は結婚相手を探しているわけで、オイラも、ターゲットの1人なんだよね・・・辛いよね。

でも、大丈夫だった。
はるな愛似の女性とペアに。
この女性、元嫁の親戚にそっくりだったから、ある意味、呪なのかもね(笑)

というわけで、料理を作り始めたんだけど、ぶっちゃけ、すげー、疲れた。
料理を作ることで、精一杯で、会話も少なかったし、睡眠不足もあって、料理が出来上がった頃は、もう、しんどくて。

というわけで、オイラが担当したパスタ(担当したといっても、洗い物くらいしかしていないんだけどね)

料理教室合コンで作ったパスタ

スイーツもあったね。

料理教室合コンで作ったスイーツ

そして、食後、雑談になったんだけど・・・
参加者の男性が、今回の料理教室合コンの講師に、毒づくから、微妙な雰囲気に。はるな愛似の女性も同調してたね。
こういうことをすると、他の参加者から嫌われるって、わかっていて、やっていたのかな〜
わかっていて、敢えて、やったんだったら、いいんだけどね。
※)ちなみに、オイラは、料理教室合コンは、そこそこ楽しめた。家に帰ってから、早速、来週の予約をしたし。割引のメールが来たから、ついでに予約したし。3連チャンだよ(この3回で、潜入はやめるけど)。

そして、料理教室合コンのメンツの集まりが悪くて、開始時間が遅かったこともあって、二次会はなし。
そのまま帰ることに。

てか、料理教室合コンって、男性同士、知り合いじゃないから、かなり連絡先の交換をしにくいね。
とりあえず、ブーメランしたんだけど、ぶっちゃけ、ブーメランは返ってこないしね。特に、料理教室合コンに来そうな女性は、ね。
※)ブーメラン:名刺など連絡先があるものを渡して、相手の連絡先は聞かないこと。

てか、参加者の女性3名が一緒のときに、ブーメランせざる得なかったから、オバチャンにも名刺を渡して、社交辞令で「メールくださいね〜」って言ったんだよね。
すると、オバチャンが、妙に乗ってきたんだよ。「メールしますっ!」って。

メール来たら、どうしようかな。
下手に傷つけるのも悪いしね。
世代が違うって、気が付かないのかな〜

というわけで、次回は、カップリングパーティに潜入したときのレポートだよん。

□ 人脈を築くメソッド
友人「ゼロ」の孤独なデブだったのに、女性だとキャビンアテンダント、秘書、女優、ナース、デパガなど……男性だと医者、商社マン、証券マン、研究・開発など……華々しい人脈を作り上げることができました。その「人脈を築くメソッド」のうち一部をメール講座(無料)にて公開中。
出会いの技術

□ 異性を口説くメソッド
タレント、ホスト、ホステス、元モデルなどの口説くテクニックがわかります。やはり、恋愛のテクニックは、実際に異性を口説いている人たちのものが圧倒的です。
恋愛・婚活マニュアル

□ 異性を口説く水瀬流のメソッド
体脂肪率30パーセントを超える孤独なデブでも、数々の女の子を口説けました。そのテクニックを余すことなく、メール講座(無料)にて公開中。
体脂肪率30パーセントを超える「孤独なデブ」でも、ガンガンに異性を口説けるようになった水瀬流メソッド
※)なお、このメール講座(無料)は、下記のサイトを元にしています。
異性を口説く水瀬流メソッド

□ 出会いのイベント
異性を口説くには、異性と出会わないといけません。でも、どこで出会えばいいのでしょうか。そこで、出会いのイベントの主催会社を一覧にしています。ここにある出会いのイベントに参加して、異性を口説きましょう。なお、このサイトには体験談もあります。
セッティング合コン
カップリングパーティー
結婚相談所
出会い系サイト
料理教室合コン
mixiのオフ会
その他(パーティーなど)

※潜入レポート
出会いのイベントに潜入したときの体験レポートを公開しています。
mixiのオフ会って、どうなの?出会い体験談

posted by gokon at 20:21| Comment(0) | ◆ 料理教室合コン(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。