2009年03月30日

料理教室合コン(4回目)の感想

3月中旬から料理教室合コンに潜入し始めたんだけど、3月下旬で、すでに料理教室合コン・評論家になれるんじゃないかなというくらい料理教室合コンに行きまくっているオイラ
過去の3回の傾向から考えると、「まあ、こんなもんか〜。今回で料理教室合コンも卒業だね。」なんて思いつつ、4回目の料理教室合コンに参加したんだけど・・・

ぶっちゃけ、5回目も予約して、入金済み(笑)
なぜって?
4回目の料理教室合コンが、ね。

というわけで、今回の料理教室合コンの参加者から。

■女性1

ハーフみたいな顔立ち。
黒髪だったんだけど、髪の毛が明るいときは、よく外国人だと間違われるんだそう。
他の参加者が「加藤ローサ」に似ているって、言っていたね(オイラは違うと思うけど)。

キター!
美人に遭遇したのは、すげー、久しぶりだよ。
※)ちなみに、沖縄人みたく、かなり濃いので、人によってはダメかもね。

ただ、スゴ〜〜〜イ、気が強かったんだよね。
しかも、料理の先生と「女性特有のピリピリした会話」をしていたんだよね。
オイラ、怖かったよ〜

■女性2

この子も、見た目は、ちょっと、ポッチャリしていた気がしたけど(決してデブじゃないよ)、なかなか、だったね。
パッチリ二重で、鼻筋も通っていて、何より、話しやすいんだよね。あまりにトークが面白いから、つい、おちょくってみた。
昔、仲良かった女友達と同じ感じだったので、すげー、親しみやすかったね。

ただ、この子、A型なんだけど、典型的なA型で、料理を作る時に、それが発揮。
リョウコン(料理教室合コンのことね)って、こういうのが見えるからいいよね。

■女性3

この子、ちょっと、ぽっちゃりしていたんだけど(決してデブじゃないよ)、癒し系だね。
個人的には、全然OKだし、最近は、むしろ癒し系の方が好みなんだけど・・・B型。

女性のB型って、トラウマなんだよね〜

■男性1

あんまり、べらべら、話さないんだけど、会話の要所要所に、うまく入る人っているやん?
そんな感じ。

てか、この人と一緒に帰ったんだけど、若者のメッカの原宿の駅前で、携帯の赤外線で連絡先を交換したんだよね。
カップルが多くなる夜遅くに、オッサン2人が、携帯の赤外線を使っている様子って・・・ある意味、いい想い出だね(笑)

■男性2

パーティとかでもそうなんだけど、やりにくいのは、「他の参加者を敵対視する男性」なんだよね。この男性は、男性同士、うまくやりつつ、気に入った女性に張り付くみたいな感じで、やりやすかったね。

というわけで、「今回は、連絡先交換だ〜」と思いながら、料理開始。
ただ、作戦的に、どうせ「3兎追うものは、1兎も得ず」だから、女性1〜3のうち、誰かに集中して、その子とだけ連絡先を交換するのか、全員と友達になって、合コンすることも視野に入れつつ、「みんなで交換」って流れにするのか、悩んでいたんだよね。

しかし・・・詳しくは、次回に。

□ 人脈を築くメソッド
友人「ゼロ」の孤独なデブだったのに、女性だとキャビンアテンダント、秘書、女優、ナース、デパガなど……男性だと医者、商社マン、証券マン、研究・開発など……華々しい人脈を作り上げることができました。その「人脈を築くメソッド」のうち一部をメール講座(無料)にて公開中。
出会いの技術

□ 異性を口説くメソッド
タレント、ホスト、ホステス、元モデルなどの口説くテクニックがわかります。やはり、恋愛のテクニックは、実際に異性を口説いている人たちのものが圧倒的です。
恋愛・婚活マニュアル

□ 異性を口説く水瀬流のメソッド
体脂肪率30パーセントを超える孤独なデブでも、数々の女の子を口説けました。そのテクニックを余すことなく、メール講座(無料)にて公開中。
体脂肪率30パーセントを超える「孤独なデブ」でも、ガンガンに異性を口説けるようになった水瀬流メソッド
※)なお、このメール講座(無料)は、下記のサイトを元にしています。
異性を口説く水瀬流メソッド

□ 出会いのイベント
異性を口説くには、異性と出会わないといけません。でも、どこで出会えばいいのでしょうか。そこで、出会いのイベントの主催会社を一覧にしています。ここにある出会いのイベントに参加して、異性を口説きましょう。なお、このサイトには体験談もあります。
セッティング合コン
カップリングパーティー
結婚相談所
出会い系サイト
料理教室合コン
mixiのオフ会
その他(パーティーなど)

※潜入レポート
出会いのイベントに潜入したときの体験レポートを公開しています。
mixiのオフ会って、どうなの?出会い体験談

posted by gokon at 17:27| Comment(0) | ◆ 料理教室合コン(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。