2013年11月11日

彼女を作ったり結婚したりするために「足りないもの」を探す

出会いのイベントに参加して、何度も、何度も、何度も、何度も、うまくいかないと、そのうち「どうせオレは非モテだし……」「オレは一生結婚できないんだ……」なんて思うようになるよね。
でも、本当にそうかなー

休日のショッピングモールにいって、家族連れの男たち、見てみ?
確かにイケメンもいるけど、「え? なんで、結婚できたの?」って男もいるんじゃね?
「なかなかうまくいかない……」と思っている人よりも、魅力がないのに、ふつうに彼女がいたり、結婚していたりするよね?

自分よりレベルが下なのに、うまくいく男がいる。
でも、自分はうまくいかない。

「なんで?」って思うじゃん。
オイラは、2千人を軽く超える人たちと会ってきて、さまざまな男たちとイベントに参加したり合コンに参加したりしてきたんだ。
で、思ったのが、うまくいかないやつには、やっぱ、「足りないもの」があるってこと。
どこかに欠けているところがあるんだよ。

だから、以下。
「自分には足りないものがあるから、自分より下のレベルと思っている男に負けている」

でも、これって、足りないものを足せば、うまくいくってことだよね。
で、オイラは心の底からうまくいってほしくて、何を足せばいいのかを「「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)」に書いたんだよね。
ただ、たった200ページほどの本だから、手取り足取りというわけにはいかないから、本を読んで、あとは自分で、本にあることを真摯に受け止めて、自分に足りないところを見つけて修正して、出会いのイベントに参加して、女の子を口説いて、それでも口説けないなら、また自分のことをみなおして修正して……を繰り返す必要があるけどね。

で、問題なのは、自分に非があるとは思っていないやつ。
それと、出会いのイベントに参加しては「サクラばっかり」「好みの子はいなかった」とか、本を読んでは「うさんくさい」とかいうやつ。

まずは、こういうところを修正しないと……。
いや、本当に、気がつけば「手遅れ」になるよ。
女性とロクに付き合ってこないと、40歳を超えたあたりから、だんだん絶望が近付いてくるから。

っていうわけで、彼女ができなかったり、結婚できないのは、ほんの一部分が足りないだけ。
だから、自分を全否定しなくてもいいよ。
その足りないところを探そう!

□ まさしく最悪の状況から、華々しい人脈を築きあげ、ガンガンに女性を口説けるようになった水瀬、初の著書!

「出会ってすぐにセックスする女性の特徴を知りたい」
「アイツはブサイクなのに、なぜモテる?」
「結婚したい……」
「女性と付き合うには、どうすればいい?」
「ガンガンに女性を口説けるようになって、やりまくれるようになりたい」

このように思っている男性は必読。ネットでは公開していない話も満載。

「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)
※「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)


□ 人脈を築くメソッド

友人「ゼロ」の孤独なデブだったのに、女性だとキャビンアテンダント、社長秘書、女優、ナース、デパガ、保育士、出版関係など、男性だと医者、商社マン、証券マン、研究・開発、税理士、会計士、出版関係、マスコミ関係など、華々しい人脈を作り上げることができました。その「人脈を築くメソッド」のうち一部をメール講座(無料)にて公開中。

出会いの技術

□ 出会いのイベント

異性を口説くには、異性と出会わないといけません。でも、どこで出会えばいいのでしょうか。そこで、出会いのイベントの主催会社を一覧にしています。ここにある出会いのイベントに参加して、異性を口説きましょう。なお、このサイトには体験談もあります。

セッティング合コン
カップリングパーティー
結婚相談所
出会い系サイト
料理教室合コン
mixiのオフ会
その他(パーティーなど)

posted by gokon at 22:55| Comment(0) | ◆ 婚活のノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。