2013年10月08日

ついに出版!

まいど。
かなりご無沙汰。

ずっとご無沙汰だったのは単に忙しかっただけなんだけど、その間に出版が決まったんだよ。
というわけで、もうすぐ、オイラの初の著書が出版されるよ。
内容は「出会いのイベント→イベント主催→デート」っていう流れにそって、「××のようなスペックだと、××のイベントに参加すれば勝率が高くなる」「どういう風な服装や髪形にすればいいのか」「どういう会話をすればいいのか」「どういう店に誘えばいいのか」とかの話なんだけど、それだけではなくて、たとえば「出会ってすぐにセックスする女性の特徴は?」「セックスするまで、最低、何時間かかる」とか、お下劣な内容(笑)もあるよ。

以下の人なら、本を読む価値があるんじゃないかなー

・可愛い子と付き合いたい男
・真剣なお付き合いをしたいと思っている男
・結婚したい男
・女の子とうまく会話できるようになりたい男
・ガンガンに女の子を口説けるようになって、やりまくりたい男

要は、男だね。
女の子が読むと、ちょっとドン引きしちゃうかも(笑)

で、とあるイベント会社が、この本の読者に出血大サービスをしてくれるとのことだから、またブログで告知するね。

「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)
※「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)


posted by gokon at 20:54| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

婚活パーティーに無料招待

まいど。

「結婚できない」
「彼女ができない」
「狙っている女の子を口説けない」
「遊べない」

いろんな男たちの行動を見てきたんだけど、こういう風に思っている男の行動パターンは似通っているんだよねー

それは、「出会いのイベントに参加→メールのやり取りをして、いきなりデートに誘う」。

これでうまくいくのは、大企業勤務、公務員とか安定した職種のやつ、イケメン、雰囲気イケメンだけだから、失敗するんだよ(婚活の色合が濃いイベントなら、イケメン、雰囲気イケメンでもNGかもね)。

どうすればうまくいくのかっていうと、本に詳しく書いたんだけど、出会いのイベントの次は「複数人であうこと」。要はイベントを主催することだね。

なんで、こういう風にするのかっていうと、以下。

・「時間をかけて、ゆっくり男のことが好きになる女の子」も多いんだよね。だから、何回も顔をあわせることが大切。
・何回も顔をあわせると、女性から意識されることもある(心理学でいう単純接触仮説)。
・マンツーマンで会うとき、女の子の頭の片隅には「セックス」っていう文字が浮かんでいる。だから、出会いのイベントで、数分から長くても数十分しか会話していない男とマンツーマンで会うのには抵抗を感じても仕方がないんだよねー でもイベントだと複数人で会うから心理的な抵抗はすくないんだよ。
※そのほかにも理由があるけど、詳しくは本を読んでね。

それに、出会いのイベントで、好みの女の子がいる確率、低いじゃん。
こうやって、イベントをすることで、出会いのイベントでは知り合えないような女の子とも知り合えるようになるんだ。
実際、オイラは、出会いのイベントで知り合った「イマイチだなー」って子と合コンをしたら、下手なモデルよりも美人な子がきたことが何度もあったからねー(合コンで幹事max説を唱えている人たち、恋愛経験がかなり浅いんだろうねー)

――こういう風に、うまくいかない男たちの行動パターンは決まっている。それを改善すれば、うまくいくようになるんだよね。

で、こういう話を書くじゃん。
でも、多くの人は「ふーん」で終わってしまうんだ。

実際にやってみることが大切。

でも、ほとんどの人は実践しないよね。
だから、お願いしたんだ。
誰にって?
イベント会社の人たちに。

何をって?
割引券を発行してほしいって。

で、オイラの「みんな、うまくいってほしい」っていう気持ちに賛同してくれのが、NYSD。

なんと!
本を購入した人にかぎり、割引券ではなくて、「無料招待」してくれることになったんだよ。
太っ腹だよねー

本を読んでノウハウを知って、婚活パーティーに参加してみる。
というわけで、本の発売まで、あと3日くらいかな?
本の実物が手元にあれば、無料招待券を発行するから、いまから購入してもOK!
ただ、配布期限があるから、本の購入は早めにしたほうがいいよ。

「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)
※「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)


ちなみに、NYSDは一回の参加で、多数のメールを獲得できる特徴がある婚活パーティーなんだけど、口コミを読んでいると、男だと「可愛い女の子」、女の子だと「安定した職種の男」としか連絡先を交換しようとせず、失敗しているみたい。

いや、
ほんと、
だから、失敗するんだってば。
お互いに友達を呼んで、輪を広げれば、好みの人と知り合える可能性が高くなるのにねー
でも、みんなは、この記事を読んで、うまくいくテクニックを知ったわけだから、NYSDに参戦すれば、うまくいくんじゃね?
経験が浅いうちは失敗するかもしれないけどね。

■本の目次

第1章
「マーケティング×プロファイリング×心理学」口説きのメソッドとは?

引きこもりのデブが逆転したキッカケはマーケティング
ナンパ師たちの口説きのテクニック───プロファイリング
男女の違いを知れば、女性にウケる会話ができるようになる───心理学
人脈が無限に広がり、好きなときに女性とセックスできるようになった技を公開!

第2章
「ガンガン女性と仲良くなれる」出会いイベント攻略法

友人ゼロ、非モテ、アラフォーでも大丈夫! 様々ある出会いのイベント
「楽しそうなイベント」と思って、参加するから失敗する
「ありのままの自分を見て欲しい」と思っているから失敗する
ブサイクでも心配無用! 誰でも女性に好かれる外見にできる
イケメンでもモテない理由は、身だしなみ
パーティーでガンガンに声をかけられるようになる三つの技
会話する前に知っておくべき、女性の会話の特徴
「共感」で、女性の心をわしづかみにしよう
会話で「共通点」を見つけるのは当たり前。でも具体的な方法は?
モテる会話の秘訣は「チョイ見せ」
高確率で連絡先の交換ができて、次につなげられるようになる方法
脈ありのサインを出している女性を狙おう
すぐにセックスできる狙い目の女性
いきなりセックスを狙うから失敗する

第3章
「イベント主催、三百回は軽く超える」達人によるイベント術

誰でも様々なイベントを主催できる!
誰にターゲットを絞るべきか?
女性が真に求めているものをつかむと、口説ける
自己紹介のときの「質問力」で勝負が決する
ほめるテクニックを知って、会話でもほめよう
「言い換え」がモテる会話のポイント
合コンの二次会はどうするのがベスト?
連絡先の交換と合コンの「次」はこうしよう
合コンの後、何に誘うのかには正解はない
出会いを増殖させる秘訣

第4章
「デート三回以内でセックス」できるメソッド

三ヶ月の間に一回から三回会えばセックスできる
セックスできない男性に限って、遊園地、水族館、映画館に誘う
最初のデートで利用する店で、他の男性と差をつける秘訣
誰も教えてくれない、デートでの会話の基本
女性に、あなたのことを意識させることができる便利な言葉
セールステクニックを使って、女性をガンガンに口説く方法
いきなりプライベートの話をしなさい
さりげなく女性の行動、しぐさを観察しよう
女性の服装を観察して、性格を見抜こう
セックスに持ちこむまでの会話の流れ
あとは、セックスの口実をつくればいい
セックスする場所は主に四つある

第5章
「あなたの悩み&疑問」解決します!

[悩み&疑問]1:出会いのイベントで、声をかけても、まったく相手にしてもらえない……。
[悩み&疑問]2:出会いのイベントで声をかけても、逃げられたり、ぞんざいに扱われてしまう……。
[悩み&疑問]3:いけそうな女性を吟味して声をかけているのに、連絡先の交換まで至らない。
[悩み&疑問]4:出会いのイベントで、一人の女性と何分話すべき?
[悩み&疑問]5:出会いのイベントで連絡先の獲得数を増やしたい。
[悩み&疑問]6:連絡先を交換した後、どのようにデートに誘っていいかわからない───
[悩み&疑問]7:やり目の男性にお勧めの方法は?
[悩み&疑問]8:合コンのとき、あまり盛りあがらない。
[悩み&疑問]9:どうしても、うまくいかない……。
[悩み&疑問]10:女性から断られたら、やはり諦めるべき?
[悩み&疑問]11:デートのとき、話が盛りあがったり、手をつないだりして、「いける」はずなのに失敗する。
[悩み&疑問]12:連絡先を交換してメールのやりとりをしているのに、デートに誘うと返信がこなくなる……。
[悩み&疑問]13:デートでラブホテルに誘うとき、何と言えばいいのかわからない……。
[悩み&疑問]14:やり逃げしたいけど、もめたくない。セックスのあと、どうすればいい?
[悩み&疑問]15:ラブホテルやシティホテルに行く前にしておくことは?
[悩み&疑問]16:誰でも簡単にできる会話のテクニックは他にない?
[悩み&疑問]17:何人もの女性と同時に付き合うには、どうすればいい?
[悩み&疑問]18:メールの長さ、頻度、タイミングは、どうすればいい?

「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)
※「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)


posted by gokon at 09:47| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

ついに発刊!婚活パーティに無料招待

まいど。
ついにオイラの処女作が発刊されたよ。
で、前に告知したとおり、本を購入すれば、NYSDのカップリングパーティーに「無料招待」してもらえることになったから、興味がある人は参加してみてね。
詳しくは、以下にて。

http://www.deairepo.com/cp1122/

ちなみに、キャンペーンの期限は11月22日までで、本の入手に時間がかかることがあるようだから、できるだけ早く本を購入して申し込むといいよ。

「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)
※「なんで、アイツが?」なぜかモテる男の技術(水瀬 翔 、総合科学出版)


posted by gokon at 12:55| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

独身男性に向けたブログを開始

まいど。
そもそもこのブログは「出会いのイベントに潜入したときのレポート」を公開するためにはじめたんだけど、最近は、ノウハウが多いよね。
やっぱ、レポートとノウハウは別にしたいから、別のブログを立ち上げてみた。
当面は、このブログにあるノウハウの記事を修正して移転していく予定だけど、それが終われば「質が高い記事」にするようにするよ。

モテ本の著者が、モテる男になる方法を教えるよ。

あと「恋愛jp」でコラムの執筆をする予定。
悩み相談にこたえるよ。

posted by gokon at 21:32| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

独身女性に向けたブログも開始

まいど。
よく考えたら、たくさんの男たちと飲んできたから、男心・男の本音も知っているし、ヤリ逃げの手口もわかるんだよね。
で、女の子の知り合いも、結構いて、なかにはセレブ婚した子とかもいるんだよね。

だから、独身女性に向けたノウハウも提供できるんじゃなかなって思って、独身女性に向けたブログをはじめたよ。

モテ本の著者が「素敵な結婚をする為に必要な事」をお教しえします。

独身男性向けのブログと、独身女性向けのブログ。
当分は、この2つに力を入れていく予定。

男女ともにノウハウを知って、距離が縮まるといいんだけどねー
で、これらのブログの読者を集めれば、カップル成立。
今は、そんなに影響力がないから、人数、集まらないけど、いつの日か実現できるといいねー

ってか、「出会いの技術」、読者の2割が女性だった。
びっくり。

posted by gokon at 20:31| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

会話本を出版します!

どうも。
水瀬翔です。
ご無沙汰しております。
ずっと、本を書いていました。

というわけで、6月4日に、主婦の友社より本を出版します!
タイトルは「アラフォーでも簡単にモテる会話術のすべて」。

どのような内容なのかというと、タイトルにある通り「会話」です。
しかし、会話の内容「だけ」を紹介している本ではありません。
どういうことでしょうか。

たとえば、知人がニヤニヤしながら「可哀そうに……」と言ってきたとします。
きっと「絶対、知人は可哀そうと思っていない」と感じるのではないでしょうか。
このように、会話において「言葉」も大切ですが、それ以外にも、「表情」「しぐさ」なども重要なのです。
その一方、いくら表情やしぐさが良くても、天気の話をしていても、女性を口説けないのはわかると思います。
言葉によるコミュニケーションを「バーバルコミュニケーション」、非言語によるコミュニケーションを「ノンバーバルコミュニケーション」といいますが、会話では、バーバルコミュニケーション、ノンバーバルコミュニケーションの両方が大切なのです。

今回の本では、バーバルコミュニケーションだけではなくて、ノンバーバルコミュニケーションについても言及しています。

さて、ボクは女性を口説くだけではなくて、さまざまな男性とも仲良くしてきました。
その男性たちのなかには、いわゆる非モテと呼ばれる男性もいましたが、ボクが話したことがある非モテの男性のほぼすべて、ノンバーバルコミュニケーションに重大な問題がありました。 というわけで、今回の本では、非モテの男性にこそ、読んでいただきたいと思っています。

また、女性慣れしている男性は、バーバルコミュニケーションはもちろん、ノンバーバルコミュニケーションも上手です。
その秘訣も本に書きましたし、女性の習性についても、ふれているので、非モテの男性だけではなく、女性にモテたい男性には役立つのではないでしょうか。

というわけで、6月4日、本を手にとってみてください!
数々の心理学、マーケティングなどの本を読み漁り、その知識が本当に役立つのか、200万円を軽く超える金額を費やしてイベントに参加、女性を口説いてきたノウハウがわかります!

■「アラフォーでも簡単にモテる会話術のすべて」
■主婦の友社
■水瀬翔
amazonのページ:アラフォーでも簡単にモテる会話術のすべて

ちなみに、今回、印税はもらっていません。
なぜ、タダで本を書いたのかというと、ひとりでも多くの男性に手に取ってもらいたいからです
周りに、なにが、モテない原因なのかわからなくて、イベントでつらい想いをしている男性たちがいて、それがわかる本を出したくて。
ボクが直接会って、なにが悪いのかズバリ言ったほうが確実なのですが、大勢のひとたちと会うわけにはいかないですし。

ちなみに、「なぜかモテる男の技術」は、有名な書評ブロガー2人から高評価を得ました!好評発売中です!
なぜかモテる男の技術

posted by gokon at 16:21| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

『週刊SPA!』に登場!(2月10日・17日合併号、2月3日発売)

まいど。
『週刊SPA!』(2月10日・17日合併号、2月3日発売)に、オイラと「合コンの女王」の絵音さんの記事があるよ。
どうやればアラフォーでも合コンでうまくいくのかっていう話。
ついでにアラフォーだからこそ口説ける女性の特徴も紹介してるよ。リアルな話。

【W袋とじpart1】40歳からの[正しい性生活]

オイラとは関係のない記事だけど、気になったのは、もうひとつの袋とじ。
美人がひとりいるけど、あとはなんかリアルっぽくて笑ったよ。

【W袋とじpart2】顔出し美女が誌面で[愛人募集]

spa.jpg

「なぜかモテる男の技術」は、有名な書評ブロガー2人から高評価!好評発売中!
なぜかモテる男の技術

posted by gokon at 16:38| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

超実戦! 恋愛英会話 リアル・フレーズ

まいど。
女の子を口説く時、いつも思うことがあるんだ。
それは、「毎回、同じことを言っているな」と。
声かけにはじまり、恋話、コンプレックスの話など…。もちろん毎回女の子は変わるんだけど、いっつも同じ話(もっといなら、女の子の反応もいっつも同じ)。
「同じ話は嫌だなー たまには違う話をしよう」と思うと、大抵、失敗するんだ。

で、その話を編集者に話していたら「本として出しましょう!」って。

モテ本だと思うじゃん?
それが、なんと「英会話のフレーズ本」。
なんでって?

編集者に、ね。
「国内のモテのノウハウの大半はアメリカが源流。たとえばナンパ師のいじるっていうテクニックはpick up artist(アメリカのナンパ師)が作り出したものなんですよ」って言ったんだ。
そういうオイラの口説きのテクニックも、心理学・マーケティングとかをベースにしているんだけど、その学問はアメリカから入ってきたもの。だから、オイラの口説きのテクニックもアメリカが源流っていえるしね。

それに、ね。
「たとえば、何か贈り物をもらえば、お返ししないとって思うのは日本人だけじゃない。国籍は関係なく人間に共通してある心理もある。それは口説き文句も同じ」ってことも言ったんだ。

だから、編集者は「単なるモテるフレーズ本じゃなく、英会話のフレーズも学習できる本だとスゴイんじゃない?」って考えたんじゃないかな。

っていうわけで、オイラがよく口走るフレーズのうち、アメリカでも通用しそうなものを選んで、「恋愛英会話」として本にしたんだ。
もちろん文化による差異はあるから、国際恋愛研究会と一緒になってつくったよ。

超実戦! 恋愛英会話 リアル・フレーズ

ところで――。

「なぜかモテる男の技術」は、有名な書評ブロガー2人から高評価!好評発売中!
なぜかモテる男の技術

posted by gokon at 14:43| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

『おとなの極意 Vol.4』(蒼竜社)に登場!

今日発売の『おとなの極意 Vol.4』(蒼竜社、3月31日発売)にチラッとコメントしているよ。
どうやって褒めればいいのかの話。
見てねー!

おとなの極意

ちなみに、おとなの極意を読んでたんだけど、記事の半分くらいは編集者が「実践」したっぽいねー
取材のとき、「取材で×に行ったけど…」みたいな話があったし、記事が妙にリアルだし。
「本当かよ…」って話が多い雑誌の中で珍しいと思ったよ。

ところで――。

「なぜかモテる男の技術」は、有名な書評ブロガー2人から高評価!好評発売中!
なぜかモテる男の技術

posted by gokon at 16:32| Comment(0) | ◆ 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。